1種 社会人リーグ


社会人リーグは、本協会の設立間もない昭和52年に亀岡市内の4つのサッカーチームにより、リーグ戦を行ったのが初めであり、故人の荒木会長ならびに竹岡副会長をはじめ、山下理事長らが長年に亘り口丹波地域のサッカーの普及に当たられ、ご苦労なされた結果、現在の協会組織にまで作り上げてこられました。
現在は、20のサッカーチームが2リーグ制をとり、会員相互間の親睦・協調ならびに技術の向上を図っています。

リーグ日程と対戦結果


                 2014年準備中